MOTA車買取!徹底解説

車の一括査定とは

車を手放す際に誰もが直面する課題が「この車をなるべく高く売りたい」ではないでしょうか。

高く買取ってもらうためには、複数の買取り業者の査定額を比較検討するのが重要です。

しかしながら、複数の業者に査定を依頼し、かつ交渉して高額査定を引き出すには、それなりの時間と労力が必要になります。

個人でも、やろうとすればできないことではないですが、仕事があったり、家の用事があったり、疲れていたり、などで交渉の時間を捻出するのは難しいのが現実です。

そこで便利なのが車の一括査定です。

車一括査定のシステムについて簡単に説明すると、自分(売り手)が手放したいと考えている車の情報をオンライン登録することで、その車を買取りたい業者側から売り手に連絡が入る仕組みになっています。

すなわち、売りたい車を登録さえすれば、あとは待っていれば複数の買取り業者からの査定見積もりが提示されるので、売り手が動き回る必要がない簡単で楽なシステムです。

この車一括査定の安全性や信頼性について色々と詳しく理解したい人、実際の体験談や流れについて知りたい人は「車一括査定ランキング7」さんのサイトを確認してみてください。

「車一括査定」の買取額がディーラーの下取り価格よりも高くなる理由

新車ディーラーで車を購入する際、今まで乗っていた車をディーラーに下取りしてもらっている人が多いのではないでしょうか。

実は、そのほとんどのケースで、ディーラーの下取り価格よりも買取業者の買取額の方が高くなります。

理由は、車の買取業者は、国内外を含め、独自の販売ルートを確立している業者が多いので、中古車についてはディーラーよりも、はるかに高く売れるノウハウを持っているからです。

また、新車ディーラーは当然のことながら、新車を売って収益を得ている業態です。

よって、中古車の下取り(買い取り)は、あくまでも新車を販売するためのツールとして余力をもって対処しているので、買取業者とは異なり、積極的に相場よりも高く引き取る理由がないのです。

詳細は、以下の「「車一括査定」の買取額がディーラーの下取り価格よりも高くなる理由」ページをご参照ください。

MOTA車買取は、なぜ「営業電話」が増えないのか

車の一括査定については、『複数の業者から見積もりが簡単にもらえてとても便利だけど、受付後の買取業者からの電話ラッシュがイヤ!』って思っている人が多いのではないでしょうか。

確かに、車の一括査定に限らず、営業電話が多くなるのは、それだけでストレスになってしまいます。

ところが、MOTAの車買取は、こうした営業電話ラッシュをシステム的に完全に防止できています。

簡単に申しますと、フォームに入力して受付を済ませたからといって、業者側に直ちに個人情報等が提供される仕組みではないため、業者側は連絡したくてもできない仕組みなのです。

詳細は、以下の「MOTA車買取は、なぜ「高額査定」が見込まれるのか」ページをご参照ください。

MOTA車買取は、なぜ「高額査定」が見込まれるのか

車の一括査定は、複数の業者から見積もりがもらえるので、それらを比較検討することで自ずと査定額を引き上げやすくなります。これは、車一括査定が有する最大のメリットといっても過言ではありません。

ところがMOTA車買取は、更に進んだ一括査定方式を取り入れているため、一般的な一括査定のシステムよりも高額な査定が期待できます。

どんなシステムであるのかの詳細は、以下の「MOTA車買取(車一括査定)は、なぜ「高額査定」が見込まれるのか」ページをご参照ください。

MOTA車買取は、なぜ「査定額の確定」が早いのか

何かを「売りたい」「買取って欲しい」と行動を始めている人は、「不要な物を早く処分したい」「早く売って現金に換えたい!」と考えている人がほとんどではないでしょうか。

これは車の売却であっても例外ではないと思います。

早く現金化できれば、次に購入する車の資金にもなります。また、早く処分できれば、あらたな行動がとれます。

よって、査定額がなかなか決まらないのは、それ自体がストレスになり、イライラが募ります。

MOTA車買取は、その仕組み上、原則として翌日の18時には、査定額が提示されるシステムになっているので、急いでいる人にとっても安心です。

システムの詳細は、以下の「MOTA車買取(車一括査定)は、なぜ「査定額の確定」が早いのか」ページをご参照ください。

車の買取り査定の交渉で業者から嫌われるタイプの人とは

車の売却に限ったことではないのですが「お客様は神様」の意味を履き違えて、店員やスタッフに、乱暴な口調で高圧的な話し方をする人を時々見かけます。

こうした人は、色々な意味で損していると思います。

理由は、自分の立場に置き換えてみれば、直ぐにわかるでしょう。

もし、自分が店員をやっていて、客だからとする理由で横柄な振舞いをされたら、これ以上の手厚いサービスをその客に提供しようとは思いませんよね!

どちらかと言えば、そのまま早く出て行って欲しいと考えるはずです。

こうした状況が、車買取の交渉の場で発生したら、もはや業者側が高く査定してくれるのを期待するのは困難です。

気持ち良く査定してもらって、高額査定を引き出す心得などもあるので、以下の記事を参考にしてみてください。